登記事項証明書の見方登記事項要約書も見方は、ほとんど同じです。
@”法”の字に穴があけられます。登記事項要約書は、穴があいていません。

A表題部
土地の状態を表示するところです。

B地図番号:公図の番号です。

C下線のあるもの:抹消事項(表示が変わりましたということ。)があったものです。地積に関して、宅地及び10u未満のものは小数点以下2位まで表示されます。

D分筆や合筆、地目変更等が表示されます。

E甲区:現在誰が所有か表示されます。

F登記の目的誰から誰が、どのようにして所有者になったかなどが表示されます。登記事項要約書の場合、現在の所有者のみが表示されます。

Gこの全部事項証明書が何枚構成の何枚目かを表示しています。
H乙区
所有権以外に関する事項が表示されます。主に抵当権、根抵当権、地役権、地上権、賃借権等です。

I日付と法務局の名前、登記官の名前と法務局の印鑑。
登記事項要約書には、記載されません。これがないと何時の時点の土地の情報か、わからなくなります。